パーソナルコーチになるということ


僕は22年間モトクロスという競技を続けてきました。

日本ではあまり目にしませんが、世界中で観る人々を熱狂させる人気の高いモーターサイクルスポーツのひとつです。

ある日、練習の休憩中にふと、繰り返しのような毎日を過ごす事に疑問を感じていました。

やりたい事ってこんな感じだっけ?このままでいいのかな。と。

そんな時、プロレーサーである友人から全日本選手権シリーズへの同行と現地でのアドバイスを依頼されました。

僕よりも高い走行技術を持つ友人に何かできるアドバイスがあるかな。

何かアドバイスのヒントになる事は無いかなと調べている時にルータイス氏の本に出会いました。

この時、パーソナルコーチという職業があることを知りました。

その後、本で得た浅い知識での実践でしたが、ゴール(目標)を達成していく友人をみてコーチングの凄さを体感するとともに現状を変えたい気持ちが湧き上がり、僕自身がコーチングを受ける決意をしました。

コーチングセッションを受けてみると、僕の世界観、物事の見方、体感は変化していきました。

実際のコーチング体験者として多くの人にコーチングを体験してもらいたいと思っています。

そして、ゴール(目標)を達成する実感を味わって欲しいと思っています。

DSCN0804 - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a Comment